今自分が一番ほしい最後のソニー製!? VAIO Fit 13A  「SVF13N2A1J 」




今自分が一番ほしい最後のソニー製!? VAIO Fit 13A 「SVF13N2A1J 」
本当は「SVF13N1A1J 」で悩んでましたが、昨日!?から「SVF13N2A1J 」が発売されているようです。

ポチしようかずっと悩んでる、VAIO Fit 13A
使用用途は、主に外出先での仕事です。

PhotoShopやDreamweaver、FileZillaとエディターそれとブラウザ各種のみで、主に外出時にサイトの修正やブラウジングに使いたいと考えています。

持ち運びと作業効率を考えて、13.3インチ、約1.31 kgはかなり魅了で、VAIO Fit 13A の特徴のタブレットとしても使える点やキーボードの使いやすさなどかなり自分にぴったりのノートパソコン何ですが、
製品そのもののデザインや性能、サイズともにいいものだけに、気になる部分がかなり目立ちます。

その気になる部分とは、
①バッテリーが内臓タイプ
②ヒンジ部分(液晶が回転する部分)にゴムが使用されている
③メモリーやSSD(HDD)が内臓で自分で交換やアップグレードできない

上記の3点がかなり気になってポチできないでいます。

①バッテリーが内臓タイプ
最近のバッテリー(リチュウムイオン)はかなり耐久性などが上がっていると思いますが、どう頑張っても2~3年で寿命だと思います。
そこで交換するのも自分でできないという部分で、交換を依頼すると電池代+工賃という費用がかかるのと、予備バッテリーなど持ち運びできない部分がかなり気になります。

Ultrabook (ウルトラブック)はこの仕様が多いのが欠点っで、要は「2~3年で使い捨て!?」って思ってしまいます。(2,3万で買えるなら納得するが・・・)
PCの性能アップのスピードがいくら早くても、このスパンで買い替えはどうも腑に落ちない部分です。

②ヒンジ部分(液晶が回転する部分)にゴムが使用されている
②のこの部分って「なんで」って思いう部分です。
開発者インタビューや、製品サイトでも耐久実験など行われていて、耐久性に自身を持たれていますが、ゴムって必ずと言っていいほど劣化してきますよね!?

固くなったり、白くなったり、ひび割れや亀裂が入って、最終的に切れた場合また修理ですよね?
もちろん自分で交換出来るわけもなく・・・

デザインや機能的にゴムを選んだようですが、専門的な知識はありませんが、やっぱりこういった部分は金属で作ってほしかったです。
耐久実験って年単位でやって以内と思いますので、これはどれくらいの年月を想定しているのかがわかりません。(これも多分2.3年!?)

③メモリーやSSD(HDD)が内臓で自分で交換やアップグレードできない
③はソニーストアーで初期にカスタマイズができますが、これもUltrabookの宿命か交換が自分でできないのが残念です。
メモリは結構安くMAX8GBにでき、これだけあれば十分ですが、ストレージが交換できないのがとても残念です。

ただ上記部分を除けば、かなり魅了のあるPCです。

デザインもスタイリッシュでタブレットとして、ノートPCとしても使いやすそうで、実際実物を見に行くとかなり購買意欲を掻き立てるられるPCでした。
自分にとってはかなり魅力的なPCです。

購入したらレビューします。


ソニー VAIO ノートパソコン Fit 13A

Pocket


カテゴリー: PC